学資ローン

学資ローンについてお届けしているホームページです。学資ローンのことに関心がある人、詳しく知りたい人などにいちおしのサイトです。
HOME

学費のための教育ローン

学資ローン

学費を支払うことが困難な家庭が利用することができるシステムに教育ローンというのがあります。
日本では、義務教育以外の教育に関しては多額の学費がかかることがほとんどです。
学費のための教育ローンは住宅ローンや自動車ローンなどのローン商品と同じで、銀行などの預金取扱金融機関のほか、信販会社などが扱っています。
勤務先によっては、福利厚生の一環として、共済や健康保険組合などが直接学費を融資するタイプの教育ローンもあるようです。
教育ローンは貸付期間が長くなりがちなので、証書貸付の形を取るのが普通です。
貸付を受けている者の普通預金口座に融資される学費が入金される形をとってはいます。
ほとんど支払い先の銀行口座へ直接振込みされる形になっているようです。
現在の日本には、住宅ローンや自動車ローン、消費者金融など様々なローンが存在します。
教育ローンを扱うに当たって、教育は生活のなかで優先的になされることがらだという考え方がされます。
消費耐久財の購入を目的としているローンよりも、金利が低く設定されていることの方が多いようです。
教育ローンを提供する会社によって金利は違います。
学費を教育ローンで工面しようと考える際には、多くの情報を得てからあったものを選び出すとよいでしょう。

学費の他に教育ローンで借りられるのは

学資ローン

教育ローンにおける学費の定義は何でしょうか。
金融機関によっては、入学募集要項や学費納入書に記載された金額のみに限定している場合があります。
実際のところは、融資が受けられる範囲に受験料であったり勉学に要する物品の費用(教科書、パソコンなど)を入れているローンが多いようです。
遠隔地の学校へ進学する場合のアパートや下宿の礼金、敷金、家賃および寄付金といった諸費なども学費の一部とみなされローンに含まれる場合があります。
もっとも、通学に必要だからと言っても、オートバイや自動車の購入費用や、自動車免許の取得費用などは除外されています。
自動車ローンの範疇となっています。
教育ローンでは学費の範疇として認められていません。
学費の貸付機関には、銀行系とノンバンク系があります。
平成18年に改正された貸金業法が平成22年に施行されたことにより、ノンバンク系の学費貸し付けにも総量規制がかかるようになりました。
現在では、他のノンバンクの無担保借入残高と合計して年収の3割までしか融資を受けることができなくなっています。
この規制を回避するため、ノンバンクの中にはショッピングクレジット方式を導入したところもあります。
これは、ノンバンク側と学校が加盟店契約をして学費を立替え払いし、後に親や学生が分割で返済を行なうというものです。
学校によっては、母体の学校法人が取引銀行と提携した専用の提携教育ローンを取り扱って学費の借入れをする場合もあるようです。

学費のためのローンは減っている

学費の教育ローンによる貸付制度は、銀行やノンバンクなど民間の金融機関が行うものだけではありません。
政府系の公的機関が行うものもあります。
民間金融機関が提供している教育ローンと比べて金利などが有利なのが特徴ですが、「民業圧迫」を理由として行政改革の対象となり、現在では縮小の流れとなっています。
現在でも取り扱われている政府系の教育ローンによる学費の貸付について説明していきます。
日本政策金融公庫が提供してくれている教育ローンがあります。
このローンで学費を借りる場合には、連帯保証人を設けるか、さもなければ公益財団法人教育資金融資保証基金の信用保証委託が必須となります。
新票保障の委託には、審査と保証料が必要になります。
国の教育ローンと呼ばれている一般教育融資は、全国の民間金融機関が代理店として窓口になっています。
同金庫公式サイトでも受付をしています。
この制度で借りることのできる学費は、1人あたり300万円までとなっています。
基本的には所得制限もあり、返済期間は15年以内と定められています。
以前は教育積立貯金融資や年金教育融資という学費融資制度もあったのですが、新規取り扱いができなくなっているので利用することはできません。
学費のためのローンを利用する際は、しっかり情報収集して利用目的に合ったローンを選択していただきたいものです。

学資ローンの選び方

自分の子供にきちんとした教育をつけさせたいというのは親の願いですが、資金不足の場合は学資ローンが役に立ちます。
利用しやすそうな学資ローンを選ぶ時に心がけたいことは一体何でしょう。
金利は、借り入れに際して重要なポイントです。
数ある学資ローンの中から、金利の最大と最低を読み取りましょう。
固定金利か変動金利かも重要になりますので、金利の種類も調べておきましょう。
固定金利にすれば、今後の返済にかかる金利を想定しておくことができます。
変動金利は金利が変わる恐れがありますので、長期間は難しいでしょう。
最初のうちは金利が低くても、年月が経過すると段々と金利が上がってくる可能性があるのが、変動金利のネックといえます。
借入金をどのくらいに設定すべきなのか、見通しを立ててから学資ローンを選んでください。
基本的に、300万円から500万円という借入金額が民間の学資ローンでは多いようです。
とはいえ、担保を入れて受ける融資なら、大口の貸し付けが見込めるでしょう。
いつまで借りるかで利息のつき方はかわりますし、返済の見極めは早くにつけておくことです。
元金据え置き期間が設けられているか、親子で返済を引き継ぐことはできるかなど、あらかじめ調べておきましょう。
繰上げ返済についてや、各種の手数料についてなど、学資ローンで知っておきたいことはたくさんあります。
と学資ローンを使って学校に通い出す前に、公的な金融機関やその活動内容についてはある程度理解しておくことが大事です。

ラクダ

Copyright (C) 2018 始めたいけど不安な人へ、ローンの種類の話 All Rights Reserved.